MINICHAMPS 1/43 FERRARI 126 C2 G.Villeneuve

MINICHAMPS 1/43 FERRARI 126 C2 G.Villeneuve フェラーリ ジル ヴィルヌーブ
MINICHAMPS 1/43 フェラーリ 126 C2  ジル・ヴィルヌーブの紹介。

まだF1のテレビ中継がないころ、叔父が読んでいたAUTO SPORTだったかな?を読んでいた時の事、カウンターを当てながら走っているジルの写真があった。

それを見てこれカッコいいってなり、赤い車に赤と黒のヘルメットの写真を追うようになり、彼が大好きになった。
MINICHAMPS 1/43 FERRARI 126 C2 G.Villeneuve フェラーリ ジル ヴィルヌーブ
そんな大好きなジル最後のマシン126C2。

126C2のモデルカーはいくつか持っていて、そのうちの1つ。





このマシンはアルミモノコックなので、露出している部分は黒ではなく、シルバーで塗ってあれば最高だったのに。
MINICHAMPS 1/43 FERRARI 126 C2 G.Villeneuve フェラーリ ジル ヴィルヌーブ
エキゾーストパイプもきちんと彩色されていて、精密感がある。

リアウイングのウイングレットがシルバーだったり、赤だったり、サイドスカートが黒かったり、茶色かったりと、車によって少しづつ違う。

当時は予選でも車を乗り換えていたらしく、同じ日の写真なのに細部が違うので、混乱する。

ま、こんな感じじゃね?って雰囲気が伝われば、僕はそれでいい気もする。
MINICHAMPS 1/43 FERRARI 126 C2 G.Villeneuve フェラーリ ジル ヴィルヌーブ
PMA(Paul's Model Art)のタイヤは結構好き。

メーカーによっては、タイヤがひび割れていたり、真ん中のパーティングラインが酷かったり、タイヤがプラスチックみたいにテカテカしているけど、しっかりマットなタイヤでいい感じ。
MINICHAMPS 1/43 FERRARI 126 C2 G.Villeneuve フェラーリ ジル ヴィルヌーブ
本当は126 C2よりも126 CKのほうが好きだったりする。

やっぱ亡くなった当時のマシンってのがあるからかな。

81年のモナコG.P.は最高だったしね。


Topへ